Mayu's doll
──Doll No.51 ──





球体関節人形*恍凛(コウリン)












§ 恍凛 §
中国の娘──
それをテーマに制作した
恍凛(コウリン)……
ですけれど、
この妖艶なイメージを生かしつつ
着物まで拵えてしまいました
ドレスと共に、
淡いピンクの羽衣を
はんなりと纏って……
どちらもお似合いで
目を愉しませてくれるのでした






全長52cm / 石紛粘土 / 胡粉 / 油彩仕上げ / 付け睫毛 / アクリルアイ / ドールヘア /
自作のチャイナドレス&シューズ&着物




「アーティスト・ポストカード展」

2010年8月1日(日)〜 10日(火)「ドラード和世陀」1F(新宿区早稲田)、
「ドラード・ギャラリー」さんにて
『ジャポニズム・シリーズ』の被写体となってくれ、

大活躍してくれました。


※上記の展示会では
「ドラード・オーディエンス賞」を受賞しました♪




【I様所蔵】


こんばんは。

つい先ほど、恍凛さんがお嫁にきてくれました。


箱を開けると良い香りが部屋にふわりと広がり、胸の奥がきゅっとなりました。
薔薇のような、彼女を印象付ける香りですね。

そっと包装を解くと、優しい笑みの恍凛さんが私を迎えてくれました。
丁寧な包装のおかげで怪我などもしていません。


ずっとずっと、恍凛さんに会いたかったです。

摩有さんが最初に蘇州夜曲の記事を書かれた時から、恍凛さんを一目見たときから、
私は恍凛さんに惚れていました。

妖艶な彼女の瞳に吸い込まれるようでした。


蘇州夜曲は私にとってはとても思い出深い曲です。小学生の時の思い出がよみがえります。
二胡の音色を初めて聴いたのも蘇州夜曲でした。

だから恍凛さんが家にきたときは一番最初にこの曲を一緒に聴こうと決めていました。


数年前、どうしても彼女をお迎えしたかった私ですが、
病気になってお代を振り込むのが難しくなってしまった時。。

摩有さんは、私のことを「信じて待っています」と言ってくださりました。

その時の言葉は本当に心強くて…

いまこうして恍凛さんをお迎えできたことに胸がいっぱいです。



艶やかな髪から、お洋服、身体のライン、まつげや指先までひとつひとつと可憐で美しい彼女を私に届けてくださり、

そして私のために可愛いピンクのお靴をつくってくださって…

本当にありがとうございます。

メッセージもとても嬉しくなりました。


これからずっと、どんなときも彼女と生きて行こうと思います。

恍凛さんと私が両想いだと言ってくださって嬉しかったですよ〜!


それから遅くなりましたがケースのことや彼女との接し方について、詳しく教えてくださってありがとうございます。


ものすごく長い文章になってしまってすみません。とても気持ちが上がってしまっていて…

摩有さん、いつも本当にありがとうございます。
そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します。






・ ・ * * * ・ ・






      
恍凛-1 恍凛-2
恍凛-3
恍凛-4 恍凛-5

恍凛-6

恍凛-7

恍凛-8
恍凛-9
恍凛-10


*クリックをなさいますと、大きな画像でご覧頂けます。





§ お問い合わせ §



*ご質問・ご注文、承っております。
またご感想・ご意見なども、ありがたく頂戴いたします。



home




全ての画像、文章等の無断転載、複製を堅く禁じます。
Copyright (C) Mayu.All Rights Reserved.